PAJ 印刷工業会

お問い合わせ


ホーム > 違法伐採 > 分別管理及び書類管理方針書(例)

分別管理及び書類管理方針書(例)

社名
平成○○年 ○月○○日作成

 本方針書は、印刷工業会が作成した「違法伐採対策に関する自主的行動規範(平成27年9月18日)」を受け、合法性等が証明された化粧板用原紙(以下「証明原紙」という。)を使用して製造した化粧板用化粧紙等の製品(以下「証明対象製品」という。)の供給に当たって必要となる分別管理及び書類管理の方針を定めたものである。

(適用範囲)
本方針書は、当社工場において、化粧用原紙を用いて製造する化粧板用化粧紙等の製品の取扱に当たって適用する。

(分別管理責任者)

  • 分別管理を適切に行なうために、○○○○(氏名)を分別管理責任者として定める。
  • 分別管理責任者は、証明対象製品の適切な分別管理及びその実施状況の点検を責任をもって行なうものとする。

(分別管理の実施)

  • 原紙の入荷に当たっては、証明書等により「証明原紙」であるか「非証明原紙」であるかを確認する。
  • 原紙の保管に当たっては、「証明原紙」と「非証明原紙」が混在しないように、それぞれの保管場所をテープや標識等により明示する。
  • 製品の製造に当たっては、「証明原紙」と「非証明原紙」が混在しないように製造する。
  • 証明対象製品の出荷に当たっては、「証明原紙」を使用した製品であることを確認の上、証明書を添付する。
  • 製品の保管に当たっては、「非証明対象製品」の保管場所をテープや標識等により明示する。
  • 分別管理に当たっては、施設の配置状況(配置図及び現場写真)を作成する。

(書類管理)

  1. 分別管理責任者は、「証明対象製品」に係る証明書発行回数を実績報告として取りまとめる。
  2. 「証明原紙」の入出荷及び在庫状況、「証明対象製品」の出荷及び在庫状況が把握できるように管理簿を備え、記載する。
  3. 証明書及び管理簿等の関係書類は、5年間整理保管する。

以上

ページトップへ戻る